「健保」と「国保」との違いなら?

「政府管掌健康保険」とも言われている社会保険庁が運営している制度が「健康保険」になります。
会社や業界団体が独自に運営しているのが「健康保険組合」になります。
そして、市町村が運営している健康保険制度が「国民健康保険」になります。
かつては健康保険の場合ですと、医療機関を受診して自己負担金がありませんでしたよね。
しかし、現在では健康保険でも自己負担があります。
しかも、その負担率が年々上がっています。
そして、今では3割負担となっています。
ですから、国民健康保険と同じになってしまいました。
(汗)健康保険と国民健康保険の最大の違いについてですが、それがなくなってしまったと言うことですね。
現在、残っている違いと言うと、「傷病手当金」だけと言うことになりまです。
しかし、国民健康保険では自営業の人が多いので、手続きしても建前だけなので給料の補償がありませんよね。
(汗)(笑顔)次に「出産手当金」についてです。
(以下参照)健康保険の場合、出産する為に仕事を休むと出産予定日の6週前から出産日の8週後の期間は、給与の6割を支給してもらうことが可能です。
しかし、国民健康保険では、傷病手当金と同様にこの補償がないと言います。
(汗)。
もしかしたら市町村によって手当を支給している可能性がありますので確認してください。
そして、適用があれば申請手続きをしてくださいね。
(笑顔)
医療保険は必要ない?健康保険との違い!【国の保障だけでOK?】