インターネット光回線と固定電話回線は違うもの?

従来の電話回線は、メタルケーブルを使用していました。
そのメタルケーブルに音声を電気に変換した電流を流し、受話器で音声に戻して会話をしていました。
インターネットもADSL時代までは同じ回線を通してパソコンのデーターや情報を電流にして流していましたので、電話回線からパソコン信号を分離すれば電話機をつなぐことができます。
しかし、インターネット光回線になってからは、データーの送受信は光データーなのでメタル回線用の電話機をつなぐことができなくなりました。
でも、心配はご無用!そこは電話会社のNTTだけに、しっかり対策が施されています。
フレッツ光にオプションの「ひかり電話」をつけるだけで、従来の電話機をそのまま使うことができます。
電話番号もそのまま使えるので、何も変更する必要がありません。
光インターネット料金を浮かせる?フレッツ光のサービス【お得に活用】