イオン住宅ローンのフラット35審査はどう?

フラット35を利用する審査を、イオン住宅ローンサービスで受けるなら、住友不動産、三菱地所レジデンス、タマホーム、東レ建設などを初めとする78の提携会社で、イオン住宅サービスを利用したいということで問いあわせしてみましょう。
住宅の資金の融資を受ける場合に、高性能住宅であることで優遇を受けることが出来る場合もあります。
特にフラット35は、年収や雇用形態については基準が緩やかだとされていますが、融資を受けるためには、耐震、断熱、バリアフリーといった基準に照らし合わせて検査を行い合格しなければいけません。
イオン受託ローンサービスの利用を考えているなら、提携先の業者を選択して、物件の購入を検討していきましょう。
住宅ローン諸費用を比較!審査基準の甘さに関係する?【お得な銀行は?】