夜行バス東京-京都の過ごし方どうすればいいの?

夜行バスで東京-京都を移動するときに皆さんどのように過ごしているのでしょう。
車中泊で目的地へ移動するのですから、まずはぐっすり眠ることです。
安全上の都合もあってほとんどのバスが2〜3時間ごとにサービスエリアで停車します。
このときに下車して体を伸ばしたり、サービスエリアでのトイレを使うことができます。
トイレが搭載されている車両でもこの休憩はもうけられています。
翌日の体力を温存するためには、深夜から早朝にかけてはこの停車のタイミングでいちいち起きずに熟睡できるように努めるのがベストです。
ですから、乗り込んではじめのサービスエリア停車でトイレを済ませて身支度をリラックスモードに調えて早朝の起床に備えるのがおすすめです。
夜行バスは安全?不審者が不安!【女性におすすめは?】